狩り場を荒らさないで欲しい内定ハンターの存在

この就職難の時代に、内定を一人でいくつも取っている人を見かけます。

内定辞退という羨ましい言葉が現実であるように、それもまた現実です。

やはりもしもの時のための保険なのだろうかと思えば
単に楽しくなってしまって就活を続けているという
とんでもない人が殆どのようです。

大抵そういう人は条件も良く面接での受けもいいので
やすやすと内定を奪って行ってしまうのですが、問題はそこではありません。

実力のある者のもとに内定が舞い込むのは当然なのですが、
そうした学生が多い結果企業が疑心暗鬼に陥っているのです。

企業が面接や選考を行うのは片手間に行っている訳ではありませんし、
気晴らしにやっているのでもありません。

自社のためになる人材を選び取るのに必死になっているのです。

それはどんな大手企業でも同じで、時間も人件費も予算も割いての事なのです。

ですから、内定ハンターが現れたときに
手を出してしまうリスクを一番に考えているのも企業側なのです。

結果、その企業を第一志望に考えていた優良物件が落とされてしまうという
本末転倒な事態が発生する可能性があるようなのです。

これは逆に考えればチャンスでもありますが、
ハンター側も暇だったら他にすることを作って
狩り場を荒らさないで欲しいものです。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

自宅で仕事をするには

在宅ワークという名称をよく耳にします。

一昔前なら内職と言われていたものです。

キットの袋詰めや小物の商品にするためのラッピングなどがあるようですが、
中にはかなり毛色の変わったものも見られます。
「自宅で仕事をするには」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ