酷い面接担当に当たったとき

面接で不快な対応をされるという事が多く起こっているようですが、
もちろん面接官も人間ですので
虫の居所が悪かったり志望者の態度が
気にくわなかったりすることもあるのでしょう。

しかし、一応社名を負った社会人ですから
子供じみた態度やあからさまに酷い対応はいただけません。

これで挫けるくらいならウチではやっていけない
というつもりもあるのかもしれませんね。

聞いている限りでは男性の酷い対応はセクハラから
ただの高給自慢、人を小馬鹿にした態度とあり、
女性の対応で酷いものは大抵ヒステリックです。

これをよく考えると、嫌な上司の典型なのですよね。

どこの会社に行っても嫌な上司はいます。

人間的に問題のある人が出世していることは多くありますし
そんな人の部署にまわされる可能性が皆無ではありません。

そう思えば、最初にあたって覚悟ができたじゃないかと思えるかもしれません。

もちろん、こんな会社に入ろうとは思えない
と辞退する人も多いでしょうがそれが目的かもしれませんよ?

そこを敢えて立ち向かってきた人を採用したいとか
そんな酔狂な会社があるかどうかは判りませんが、
仕事も人間関係ですからあまりに酷いもの以外
は諦めて大人の対応をすると良い結果が待っているかもしれません。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ