中小企業への就活を考える

大手が厳しいという現実から
中小企業を滑り止めのように考えている学生が多くいるようです。

ですが、中小企業ならとタカをくくって
結局自信喪失に繋がってしまう事もあるので
就活は平等に警戒しておいたほうがいいでしょう。

中小企業は中途や既卒が押し寄せることも考えられますので
かえって狭き門であるとも言えます。

また、募集をかけている企業を見つけるのも至難の業です。

人員が安定してしまって新規募集をかけない会社が多いのです。

逆に年中説明会をひらいているような企業も見受けられますが、
期待して行っても募集人員は一桁レベルです。

ただし、一般にBtoCと呼ばれる一般消費者相手の中小企業は
辞退者も多くまた人員を必要としているので
意外に内定がとれる可能性が高いです。

が、激務であること、
本当に自分が一般消費者相手の職業でやっていけるのかを
冷静に考える必要はもちろんあります。

正直に言って厳しい仕事であるのは間違いないです。

大手との福利厚生や人材のレベルの差をよく語られますが、
意外にまったりしていて体育会系ではない人には向いている企業も多い様です。

就活は出会いですので、広い視野を持って
中小企業の中でも安定した企業を探すのも得策かも知れません。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ