就職後の不満

周囲で就職後半年以内の女性の離職率が大変高く、興味深かったので傾向を見ていました。

離職をしないまでも自分の扱いに不満を抱いている女性も多数おり、離職に至った人は大抵就活を焦ってしまった結果で自分の扱いに不満を抱いている人は学歴に見合わない職場に就職してしまっていました。

学歴に見合わないというのは難関企業を狙ったのではなくむしろ逆で、その高学歴と学んできたことでなぜその企業や職種なのかという就職をしてしまったということです。

もちろん学問は別としてやりたいことを見つけたという人ならそういう状況に陥る事も少ないようですが、そうではなく安全パイを切ってしまった人は不服が残る事にいずれなってしまうのです。

就活を焦った人は言わずもがな、中には明らかなブラック企業に入ってしまった人もいました。

後は就職できれば何でもいいと思ってしまった為か激務であることを事前に承知しておらずこんなはずはなかったと逃げ出す人がほとんどです。

やりたい仕事と向いている仕事は違うとよく言いますが、就職はゴールではありませんのでせめて企業に入ってからの自分についてシミュレートをするなりなんなりする冷静さを持たないと人生を損する事になります。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ