叱られたくない社員

性格はいいのですが困った女子社員がいると聞きました。

人当たりもよく温厚なその女性は、いつまでも新入社員意識が抜けないのです。

分からない事を分からないままにしてその職務とは関係ない身近な先輩に聞いて余計に問題をこじらせたり、転勤してしまった女性上司に電話してまで質問をしたりと、とにかく直属の上司から逃げ惑っているのです。

セクハラを受けているわけではありません。

その上司もパワハラ紛いの真似をする威圧的で芳しくない人柄の人間ですが、仕事なのですから分からない事があれば質問すればいいし、確認事項があればすればいいだけです。

それなのに女子社員が逃げ惑う理由は一つだけ、「叱られたくない」のです。

子どもではないのだからと思いますが、存外こうした若い社員は多い様です。

質問をしようにもなにが分かっていないのか曖昧だったり、確認事項が的外れだったらどうしようという恐れがあったりするのだと彼ら彼女らは言います。

もちろん威圧的な上司もいけませんが、社会に出て給与を頂戴しておいて叱られたくないもあったものではありません。

そしていずれ心を病んで休職、退職してしまうのです。これでは会社もやっていられないでしょうね。

=>自分にピッタリの仕事を探すならこちらから

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

コミュニケーション能力が低いと思ったら

コミュニケーション能力というものを就活では重視されると
どこのマニュアルを見ても書いてあります。

一般に人づきあい上で大切になる能力ですが、
組織の中ではそれが企業のために生かされてくるのです。

ですが、一体コミュニケーション能力とは
そもそもどのようなものなのでしょうか。

表情筋というものが人の顔面には存在します。

眉や頬、口元を動かして笑ったり怒ったりといった表情を作る筋肉です。

これらは日頃動かしていないと凝り固まってしまうのですが、それと同じです。

コミュニケーション能力はもちろん産まれ持ったものでもありますが、
育てるものでもありますので
日頃から培っていかないとまったく不自然になってしまうのです。

とは言え、友達と仲良くやったり
飲み会で盛り上がったりするようなものを
コミュニケーション能力とは呼びません。

それはごく普通のことで、自分の意思を伝え、相手の意思を汲む、
ただそれだけなのです。

思い込みではいけません。

しっかりと話を聞くことで相手が思うことを推し量り、
自分が考えていることをできるだけ明確に伝える。

簡単なようですが難しい事で、
就活目前に修練してどうにかなる問題ではありません。

ですから、どれだけ苦手でも相手の話を一生懸命聞き、
自分の言葉で一生懸命伝える努力をする、
付け焼き刃ではない姿勢が望まれていくのだと思います。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

就職後の不満

周囲で就職後半年以内の女性の離職率が大変高く、興味深かったので傾向を見ていました。

離職をしないまでも自分の扱いに不満を抱いている女性も多数おり、離職に至った人は大抵就活を焦ってしまった結果で自分の扱いに不満を抱いている人は学歴に見合わない職場に就職してしまっていました。

学歴に見合わないというのは難関企業を狙ったのではなくむしろ逆で、その高学歴と学んできたことでなぜその企業や職種なのかという就職をしてしまったということです。

もちろん学問は別としてやりたいことを見つけたという人ならそういう状況に陥る事も少ないようですが、そうではなく安全パイを切ってしまった人は不服が残る事にいずれなってしまうのです。

就活を焦った人は言わずもがな、中には明らかなブラック企業に入ってしまった人もいました。

後は就職できれば何でもいいと思ってしまった為か激務であることを事前に承知しておらずこんなはずはなかったと逃げ出す人がほとんどです。

やりたい仕事と向いている仕事は違うとよく言いますが、就職はゴールではありませんのでせめて企業に入ってからの自分についてシミュレートをするなりなんなりする冷静さを持たないと人生を損する事になります。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

「責任感を持って」ツイッターと企業情報

ツイッターで就職先の企業名をはっきりと
プロフィールに書いている人を見かけます。

広報でもなければ広報価値のある社員でもない以上、避けるべきだと考えます。

就活サイトの掲示板に主観で企業の印象を書くだけでイメージダウンから
良い人材の確保が難しくなる事に繋がる昨今、
企業名を背負って日常を呟くだけの責任を負える人間はそういないと思います。

就活中の面接や内定連絡などを報告する分には
社名を出さなければ問題がないですが、
入社式当日に社名もしくは最寄り駅や職種などを
書いてしまうのも多少危険であるようです。

バイト先の厨房や品物などを乱暴に扱って
ツイッターに写真をあげる行為が話題になっていますが、
呟いた人間の個人情報をあっという間にインターネット上で特定され、
晒されてしまう結果になったとよく聞きます。

たとえ普通の生活を送っていたとしても、
面白半分で○○社の社員がこんな発言をしていたと
揚げ足取りのような拡散をされたらそれを防ぎ撤回する手立てはありません。

個人情報はともかく、
発信した情報を元にしているだけの書き込みの責任は発信主にあります。

そんな真似をする人間が悪いとは言え、
マナーや道義の問題は法律では取り締まれません。

企業に関わる情報はできるかぎり伏せるのが得策でしょう。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

解雇規制緩和とブラック企業

解雇規制緩和傾向にありますが、
これがブラック企業を産んでいるという説も聞きます。

しかし逆に解雇をできないがために
不当な賃金で社員を働かせる結果になる企業もあったようです。
「解雇規制緩和とブラック企業」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

特に法的に算定方法が定められている訳ではない離職率を知りたがる

離職率を知りたがる学生は多いようです。

これを質問するのは大変失礼にあたるのではないかという不安と共に
それでも質問してしまうようですが、
失礼にあたらないまでも面接の段階でそれを質問するのは
一応避けるべきであるようです。
「特に法的に算定方法が定められている訳ではない離職率を知りたがる」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

半沢直樹の世界は本当なのか?銀行員の実情とは

銀行に勤める親を持つ娘が、
「銀行員とだけは結婚したくない」ときっぱりと言い切ったといいます。

それほどノルマが厳しく、
また、ノルマ達成のために手段をあまり選ばないのが銀行員であるようです。
「半沢直樹の世界は本当なのか?銀行員の実情とは」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

許せる?許せない?公務員の副業と現実

公務員は通常、副業を持ってはいけないと言われていますが、
明確に禁止をされている訳ではありません。

立場を兼ねて報酬を得る事業に従事してはならないと記されており、
任命権者の許可を得ればその限りではないとされています。
「許せる?許せない?公務員の副業と現実」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

安定した職業!?人数が増えてきた弁護士の年収と今後

弁護士とは華やかな職業に見られます。

司法試験の厳しさや合格後も司法修習などがある
制度のしっかりした点からも、
安定した職業であるのだろうと考えられます。

ドラマなどでもよく題材にされる職業ですよね。
「安定した職業!?人数が増えてきた弁護士の年収と今後」の続きを読む…

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

厳しい労働条件の企業が多いIT系ほど派遣へのチャレンジを

派遣というと保障のなさに不安を感じる事が多いかもしれませんが、
専門職がスキルを積んでいく目的を持った時に
良い選択肢の一つになるものなのです。

専門職、特にIT業界は在籍する人間が口を揃えて
ブラック業種と言うほど厳しい労働条件の企業ばかりで、
すぐに身体を壊してしまうか心を病んでしまって
休職したり退職したりする人間が後を絶たないそうです。

または心身を壊しながらもその企業に在籍を続けてしまうことも。

しかし専門畑の人ほどそこから離れられず、
またIT企業に転職し今度は再就職ということで
条件が更に悪くなっているので余計に追い詰められ、悪循環に陥るのです。

そこで、派遣に登録してスキルアップを図る目的で
開発系の仕事を続けるという手段が出てきます。

もちろん給与は厳しくなるかもしれませんが、
そこで積んだ経験と得た知識を生かしてフリーの開発者になる、
またはより良い条件で正社員として雇用してもらう、
そういった目的を持てば目の前の仕事に邁進することが可能であるようです。

これは、就職する事が目的なのではなく、
自分に出来る仕事を続ける事が目的であるという良い形です。

目的を見失わなければ、仕事を続けていく事はどんな形であっても可能です。

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ