就活、就職後に不利な学部

大学で学んできた事を生かせる職場に就ける人は全体の半数以下ではないでしょうか。

理系はメーカーや研究所と引く手あまたのようですが、文系はかなり厳しい物があるように感じられます。

逆に一般職向けの学部とも言え、特に学んできたことと職種のマッチングについて疑問を持たれる事も少ないと想像できます。

問題は、人文科学系などで勉強を続けてきた人が教職員やアカデミック・ポスト以外に就こうとしたときに県や市の職員ならばいざ知らず、メーカーや小売りを受けた際に少々意地悪な質問をされるようです。

そして更に、自分自身が真面目に学んできたことをアピールしたところでそういった企業にとって何のメリットにもならないといった悲しい現実があります。

真面目にやってきても評価されないのは辛い事だと思います。

その上運良く就職できても冷遇されて下手に高学歴だったりするために上司に圧迫を受けているという話も聞きます。

アカデミックポストの将来性については疑問が多く残るところで、できれば公務員を目指すのが無難なのでしょうが、人によっては一般企業を目指す場合もあるでしょう。

そうした際には大学でやってきたことという後ろ盾を一度忘れてください。

志望する企業の事を第一に考えるようにすると、辛さも半減されると思います。

=>無料の就活相談、セミナーはこちら

ありがとうございます!
クリック頂けると今後の励みになります。

就職・アルバイト ブログランキングへ

コメントを残す